凍牌 人柱篇 単行本を見せびらかす

凍牌 人柱篇 単行本って、どう?「最高、早く最新刊を読みてぇ」好きね。相変わらず。

「生まれる前より、ファン続けて、早何年やら。凍牌 人柱篇 単行本を読む為に、生きてる」大袈裟すぎ。麻雀漫画なら他にも多々。「甘いっ!」へ?

「そりゃ確かに他、ビッグタイトル沢山あっから、無理に凍牌 人柱篇 単行本をとは、言わんけどさ、充分すぎるほど面白い!これを手に取らず、どうする訳?」

私へ言われても...。「名作は多々あれ、絶対おすすめ!」私はもう大丈夫。「何故?」一度完走すれば、満足。

「何度も見てこそ!何週もぜひ!」ちょ、ひょっとして、凄いフリーク?「今更馬鹿いわんで頂戴。当然よ当然。凍牌 人柱篇 単行本は全部集め、最早、一部の隙もありません!」

はぁ。「勿論、全部初版!」へえ。「驚け!」って...どーゆー意味?「つまり、第一版。最初に刷られた物」凄く貴重?

「物にもよるけどね。人気作品、古き物ほど、入手が難しく、プレミアがつくもの」これも?「んー。ま、GETはハードル高いけど、価値は...」