本当に髪にいいトリートメントを食べちゃった

本当に髪にいいトリートメントを食べた?「うむ...」何故そんな馬鹿を?「いや、私じゃねーよ?」誰?

「我が家のベビー」ああ、赤ん坊、何でも口へ入れちゃうしねぇ。本当に髪にいいトリートメントを、手に届く範囲へ置いた訳?

「飲み込むとは思わず」もっと片づけを徹底。「くっ、反論出来ぬ」大丈夫?「多分」曖昧な返事。

「一応、病院へは行ったよ。特に症状は見られぬそう」本当に髪にいいトリートメントを摂取し、具合が...とか、あまり聞かぬ。「つか、大丈夫じゃ?」貴方、考え駄目!

「ごめん。軽視した訳じゃ。でもほら、何かこー...電池とか、やべー物はマジでやべーだろーけどさ。本当に髪にいいトリートメントなら、何とかワンチャンスありそうじゃん」

もー。親がこれじゃ、子供も将来苦労するわ。「ちぇっ。好き放題、色々ぬかす」同じ親として、どうにも貴方、危なっかしすぎ。正直、少し綱紀粛正すべき。

「お固い頭じゃ、何言っても無駄か。けっ、どーせあたしゃ、不良ですよー。優等生さん!」まったく...。