闇スロ 捕まると損が拡大

闇スロ 捕まると、どうなっか承知?知らん、分かってたら、そもそも裏の店で遊ばんよ。いくらかグレーだろうって感じたけど、遊んで大儲け出来んなら良し。

違法と言えば、無料動画サイトへ、勝手にテレビ番組をアップロードする事も同じ。次々アップされ消去、イタチごっこ。

マジ見ちゃうヤツも悪いけど、タダで鑑賞可能なら嬉しいさ。闇スロ 捕まると怖いけど、賭博場所を提供の方が断然悪いはず。自分だけじゃねぇー。

実際問題、闇スロ 捕まると豚箱行き?俺は法律家じゃ無いから、その辺は他人へ聞け。幾らか金払えば、直ぐに釈放されんじゃ?難しく考えずにおけ。

客が一杯居て店が景気良いうち、沢山稼ごう!閑古鳥鳴きゃ、行くだけ無駄。潰れそうな所で出す訳ねぇーよ。いや、意外に餌付け、最初は勝たせっか?

どっちへ転ぶか分からぬから、ギャンブルは面白 い。闇スロ 捕まるとどうか、考慮する暇はありません。悩む時間がありゃ、ジャンジャン打て!

高レート賭け、一気に大金が舞い込む快感、一度知ったら病み付き。スゲー、超天国。

富良野ドライブはミーハー

シルバーウィークなので、久しぶりに旦那とドライブ。紅葉を拝むには、まだ早すぎる。お出かけのバイブルと言えば、やっぱり「じゃらん」。

私的にドライブと言えば、どうしても食事をメインに考えちゃうが、一応、景色も見なくちゃ。そこで秋の富良野に行く。

中富良野「ファーム富田」と上富良野「フラワーパーク」。どちらも初夏は、ラベンダーが定番。

しかし、この季節も本数は少ないけど、咲いてる。他の花とコラボレーションにより、中々綺麗な景色が広がってた。

当然ながら、どこへ行こうとラベンダーグッズに、練りこんだスイーツだらけ。元来、香りが嫌いな私にとっては、一種の苦行と言っても過言ではありません。

これほど嫌いなのに、富良野へ行っちゃうのは、やはり私もミーハーすぎるじゃん。

夫 朝帰り 浮気を許せずとも

悔しい。「ね」夫 朝帰り 浮気、最悪よ。「仕方がありません」諦める?「今?」勿論。「娘は?」実家へ連れてこう。

「父親を失う訳、どー説明?」死んだ事に...。「本当?」冗談さ。「真面目になれ!」真面目...夫 朝帰り 浮気され、離婚間近。どう落ち着こ。

「若いわ、和解」ギャグ?「笑わせようと」勘弁。「許して」じゃあ、でも...。「何?」夫 朝帰り 浮気を許し、二度とせぬならば、もう一度やり直す事、ありかもと。

「マジ?」不本意。「え?」当然よ。全部、原因は彼。何故、私が妥協せねば?「貴女、自分に一切非が存在せぬ訳?」

当然。勿論、どこにある?「馬鹿ね、大馬鹿」ちょっ、酷い。

「だって、周り見えとらぬ発言。そら夫 朝帰り 浮気は許せぬわ。でも一切彼を思わず、癒す事を怠った責任、どう処理?」

責任?冗談、彼の奥様だけどね。心身フォローまではせぬ。あくまで女房。メイドじゃねー。「驕り」う。「慢心」やめて。「傲岸不遜」

あーもう、分ってる!多少、自分も責感じる。これでOK?「多少?」無論よ。